WEB CATALOG
日武剣道具本舗 日武だからこそ実現!業界初!高品質でこの価格!
カートを見る
カタログ請求サイズの測り方会社案内ご購入までの流れよくある質問お問い合わせトップに戻る
メールでのお問合せはこちら
お電話でのお問合せはこちら
防具サイズの選び方
入門セットの選び方
カタログ請求はこちら
注文書印刷
商品一覧
ミシン刺防具
特選ミシン刺
特選紺鹿革ミシン刺
少年用
入門セット
龍閃
(オーダーメイドミシン刺)
龍勘
(オーダーメイドミシン刺)
エアシリーズ
西都シリーズ
碧織<龍閃GOLD>
(オーダーメイドミシン刺)
手刺防具
碧織<龍閃GOLD>
龍閃
龍勘
単品防具
ネット限定
面・甲手
試合向
龍閃単品(試合向)
最高級甲手 靖龍
その他の商品
剣道衣・袴
禅シリーズ
武州一シリーズ
アンダーウェア
竹刀
竹刀(ネット限定)
木刀
防具袋・竹刀袋
サポーター
小物
贈答品
オリジナル商品
剣道衣・袴
(お得なセット)
剣道衣・袴
防具袋
これから剣道をはじめる方はこちら
季節のおすすめ商品
アウトレット
剣道用品用語説明
刺繍・ネーム
別注胴台
別注製作のご案内
防具修理価格
修理お問合せ
 全品消費税込価格!!
龍閃・龍勘・龍勘S・日本製防具の剣道具は、お客様の御要望に合わせ、
念入りな打ち合わせのもと、製作いたします。
オーダーメイド剣道具素材の特長
龍閃 龍勘手刺風ミシン刺 龍勘
龍勘S 国産ミシン刺防具 国産甲手靖龍
オーダーメイド剣道具のご注文方法 】
※インターネット通販を除く
カタログや、下記にあるクラス別の布団材質・風合いの違いなどを吟味し、
ご予算に合わせて、基本となる防具をお選びください。

次に、アゴ、胸に型を決め、それに合わせる蜀紅をお選びください。
アゴ、胸型は、
こちらを参考に、蜀紅はこちらを参考にお選びください。
刺の場合は、糸色を、蜀紅の場合は、紋様(花菱、波千鳥など)を決めた上で、
色の組み合わせを、蜀紅色見本よりお選びください。
特に蜀紅は、色の組み合わせにより、イメージが大きく変わります。
また、アゴ、胸型は、ホームページ掲載分以外でも製作可能です。
ご希望の型の写真やイメージ画をメール、FAX等でお伝えください。
(他社カタログのものでも大丈夫です)
アゴ、胸部分が決まれば、後は防具全体のデザイン(飾型・千鳥)や、
内輪素材・裏革素材を、御希望に合わせてお選びください。
防具の布団サイズに関するご要望等もありましたら、備考欄に記入して
いただくか、もしくはお電話、メール、FAX等でお伝えください。
体型や、顔・手のサイズを考慮し、布団等の寸法を決め、製造していきます。
以上をもとに、お電話等でも、打ち合わせさせていただきました後、製作に
とりかかります。
デザイン等に関してお悩みの際は、お気軽にご相談ください。
今までの経験、ノウハウを活かし、お客様のニーズに合わせた、オリジナル剣道具を作る
お手伝いをさせていただきます。
また大型防具製作の場合は
20%UPとなります。

詳しくは
大型サイズのご案内をご覧ください。
  オーダーメイド剣道具素材の特長
龍閃-RYUSEN
面布団は、本綿と羊毛フェルト・軽量繊維フェルトを脳天部分は厚く、両端は薄くなるよう交互に重ねて仕込み製作、垂と甲手布団も同様の芯材を使用し製作いたします。
特選手刺防具に比べ、布団に程よい厚みを持たせつつ、柔らかく、腰のある風合いに仕上がっています。
藍染生地は、すべて武州10000番、紺鹿革は、中唐Aクラスを一つ一つ厳選し、使用しております。
   詳細な画像はコチラ

龍勘手刺風ミシン刺
通常は手刺防具に使用する綿と羊毛フェルトで、布団を仕込み、さらに特殊加工を施し、手刺防具に負けない風合いと柔らかさを持つ機能性に優れた防具です。また、ミシン目の大きさ、絞め具合を調整し、芯材の柔らかさを損なわず、ナナメ刺面布団であっても、垂れにくく、型もしっかり保ちます。紺鹿革仕立は、総手まつり仕立で、見た目も良く、耐久性に優れた、高級感のある作りです。クラリーノ仕立は、補強部分にクラリーノを使用し、縁縫いもミシンがけにする事により、安価でお求め易い値段設定となっております。紺鹿革仕立、クラリーノ仕立共に、藍染生地には、武州10000番生地を使用しております。
   詳細な画像はコチラ

龍勘-RYUKAN-
面布団は本綿と羊毛フェルトを脳天部分は厚く、両端は薄くなるよう交互に重ねて仕込み製作、垂と甲手布団も同様の芯材を使用し製作いたします。龍閃に比べ、刺や仕上げ等の細部の技術が高く、尚且つ、刺糸の糸絞めに優れ、腰があり、体や頭にフィットする柔軟性があります。布団裏面の糸もしっかり沈み、布団全体に手刺特有の凹凸感が強く表れています。藍染生地は、全て武州10000番生地、紺鹿革は中唐AAクラスを使用しています。ご要望に合わせて、布団の厚み、柔らかさも調整できます。
   詳細な画像はコチラ

龍勘S
面布団は、本綿と毛氈(もうせん)という伝統的な芯材を使用し脳天部分は厚く、両端は薄くなるよう交互に重ねて仕込んで製作、垂と甲手布団も同様の芯材を使用し製作いたします。毛氈を使用することで、軽く、柔軟性、緩衝性に優れ、毛氈入防具独特の腰と張りのある布団に仕上がっています。龍勘よりさらに丹念な糸絞めや、仕組、縫製、まつりの細かさ等の丁寧な仕事が施され、面や甲手のいせ取りの細かさ等の熟練した職人の技術が注ぎ込まれた防具です。素材もこだわり、紺鹿革、茶鹿革は小唐を使用、それも革の中心部で、厚みがあり、きめの細かい部分のみ使用しています。藍染生地は、武州12000番生地を使用。その他手揉みクロザン革、飾り糸等、一つ一つ厳選し、製作させていただきます。
ご要望に合わせて、布団の厚み、柔らかさも調整できます。
   詳細な画像はコチラ

日本製防具【エアシリーズ】
面は装着感と機能性、甲手は握りと可動性、垂の風合い、すべてにこだわって作られた国産防具。 また、先人の技術に最新の素材を取り入れることにより、柔らかさと軽さを実現しています。
日武が自信をもっておすすめする最先端の防具です。

日本製ならではの風合いで試合用として人気の高い防具です。

最高級日本製甲手 靖龍-SEIRYU-
製造は剣道職人会会員の松川武道具製作所にお願いしています。無数の甲手型があり、また一つ一つの作業を丁寧に行っており、細やかないせ取りや毛入れのあんばいなど、職人の経験と技術を活かし、お客様の握りに合わせた甲手を丹念に製作しております。ミシン刺、手刺の両方をご用意しておりますので、ご予算に応じてお選びください。織刺は、武州藍染防具用刺子生地、鹿革は、ミシン刺は中唐AAクラス、手刺は小唐を使用しております。お客様の手の特徴を把握する為、サイズだけでなく、手型や竹刀の握りの特徴もお伝えください。より良い甲手が製作できます。


COPYRIGHT(C)NICHIBU KENDOUGU HONPO ALL RIGHTS RESERVED.